©Netflix

Silky

『13の理由』は同名の小説を基に、アメリカのNetflixが製作した2017年のドラマです。大した宣伝活動もしていないにもかかわらず、アメリカのティーンの間でクチコミで話題となり、やがて社会現象になった作品です。

本作はシーズン2の製作も決定しており、シーズン1と同様にセレーナ・ゴメスが製作チームに加わるようです。

いじめや自殺という重いテーマを取り扱った本作は、ゴシップガールなどの学園ものとは一線を画す内容となっており、10代の若者はもちろん、年頃のお子さんを持つ親の世代にも、是非見て欲しい作品です。

スポンサーリンク

はじめに

このドラマは、ハンナという女の子が自殺した後の時間と、クレイという男の子がハンナの生前を回想する時間とで構成されています。時間が行ったり来たりするので始めは混乱するかもしれません。

そこで、今からこのドラマを見る方のために、時間軸で混乱しないための秘策を先にお教えします。その秘策とは、クレイのおでこの傷です。

クレイは、第1話で自転車で転び頭をケガします。そのケガがある方が現在、ケガのない方が過去です。これは制作陣が視聴者のためにと工夫してくれた設定です。

このドラマは、ハンナが自殺に至った理由を13回に分けて説明する構成となっており、全部の理由が明かされるのは、最終話となっています。時間軸だけ抑えて、しっかりとハンナの気持ちを想像しながら、ご覧になってみてください。

第1話のあらすじ

7本のテープ

ハンナ・ベイカーはクレイ・ジェンソンの高校の同級生。ハンナとクレイには、アルバイト先の同僚という接点があった。きれいなハンナは、クレイにとっては憧れの女の子。そのハンナが、ある日突然自殺をした。

ハンナの死から1週間後、クレイに、7個のカセットテープが入った箱が届けられる。クレイは、友人トニーのウォークマンで、テープの内容を確認する。

「1」と数字が書かれたテープを聞くクレイ。そこには、ハンナの遺言が録音されていた。ハンナは、自殺の理由に関わった人の名前と理由を、7個のテープに録音したという。そして、このカセットの箱を受け取った人は、必ずいつか名指しされると。

テープを聴き終わった人は、次の人にカセットテープを回すのがルールだ。この指示に従わず、テープを隠したりすれば、テープのコピーを持っているある人物が、テープの内容を世に暴くという。

1人目の加害者

1人目として名前が出たのは、高校の人気者、ジャスティン・フォーリー

パーティーで見かけたジャスティンに一目惚れをしたハンナは、出会って間もないのに、公園の滑り台でキスをした。それは、ハンナにとってはファーストキス。すてきな思い出になるはずの出来事だった。

しかし、ジャスティンは、ハンナとキス以上の行為をしたかのように吹聴した。それどころか、ジャスティンの悪友ブライスは、ジャスティンが撮影したハンナの画像を学校中にばらまいた。その画像は、滑り台を降りるときのハンナを撮ったものだったが、たまたまハンナの下着が写ってしまっているものだった。画像は、瞬く間に学校中に拡散され、転校して早々、ハンナは校内で孤立してしまうことになる。

トニーの秘密

クレイの友人トニーは、ハンナがテープで遺言を残したことも、その内容も、すべて知っている様子だ。トニーを問い詰めるクレイ。しかし、トニーは、とにかくテープをすべて聴けと言うばかりで、何も教えてくれない。

スポンサーリンク

第1話の感想

キャラクターが魅力的

主人公のハンナがすごくかわいいですね。『ゴシップ・ガール』のクレアみたいに下唇がぷっくり割れていて、お肌もツルツル。眉間に寄せたシワだって一瞬で消えます。あんな子が話しかけてきたら、そりゃもうギークな男子は惚れるでしょ。

他方、ハンナが惚れたヤサ男ジャスティンは、もう名前からしてチャラい。恋の駆け引きをしている段階では、ジャスティンもハンナにベタ惚れなのかと思いましたけど、実際どうだったのか。今後、明らかになっていくのでしょう。

高校生活の思い出

高校生活を描いたドラマを見ていると、自分の高校時代を思い出します。ハンナが、ジャスティンを好きなくせに、そうじゃないふりをする辺りなんて、もうね、昔の自分を見ているようで恥ずかしくなる。

でも、私の高校時代には、携帯を持っている子なんてほとんどいませんでした。彼氏との連絡は、もっぱら家電。

そうすると、電話には、まず初めに相手の親が出るわけです。その関門を突破するために、「私、○○高校のSilkyと申しますけど、○○君いますか?」とかしっかりと名乗って、優等生アピールをするわけです。

コードレスホンの子機で会話していると、親や兄弟が親電話で会話を盗み聞きしていたなんていうことも普通にもありました。

SNSの弊害

最近の高校生なら、携帯どころか、スマホでLINEとかを使って直接連絡するのが普通なんでしょう。

便利なものに恵まれて羨ましい世代だと思う反面、スマホやSNSが無い時代に高校時代を過ごせたことは、幸運だったのかもしれないとも思います。

だって、若い頃って色々と失敗するものじゃないですか。馬鹿なことも沢山します。

人の記憶ならいつか消えたり、薄まっていったりしますが、デジタルな記録は、この世の全員が削除しない限り消えません。

若い頃の失敗が、一生インターネットに残って消えないなんて…とんでもない時代になったものです。

残る理由

ドラマの話に戻りますが…なにせ、13個あるらしい理由の、まだ1個目。そこでいきなりこの事件ですからね。それだけでも十分自殺に値する傷です、思春期は。

残りのテープには何が吹き込まれているのか、気になります。そして、クレイはハンナに何をしてしまったのか。というか、トニーの立ち位置は何なのか。この時点では、まだ謎だらけです。

高校カースト上位の女の子と、その子に憧れていたネクラ系男子が主人公。この辺りの設定は、アメリカドラマのスタンダードです。

Silky

高校生を主人公にしたドラマは、とっくに大人になった私には少し物足りないけど、ドラマ内で使われる英語が比較的平易なため、勉強のためにも好んで見ています。

もっとも、この『13の理由』は、『ビバリーヒルズ高校白書』や『ゴシップ・ガール』とは一線を画すシリアスな内容ですね。SNS、自殺など、現代の高校生達がリアルに抱えている問題をスポットを当てており興味深いです。

関連記事

13の理由 シーズン1 第2話の解説と感想はこちら。

13の理由 シーズン1 第1話から学ぶ英会話フレーズはこちら。

本作は Netflix で視聴可能です。13の理由の配信状況は頻繁にチェックしています。最新の配信スケジュールについては海外ドラマ 配信スケジュールでご確認ください。

おすすめの記事