©HBO

Silky

第2話では、ウエストワールドの常連客ローガンに連れられて、ウエストワールド初来園のウイリアムが登場します。このローガンを演じるのは、ナルニア物語に出演した美男子ベン・バーンズです。また、ウエストワールドへの入場シーンは、ドラマと分かっていてもドキドキするような仕掛けが沢山。ウエストワールドが実在すればいいのに!と強く感じた回でした。

 

[HBO公式要約映像]

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン1 第2話のあらすじ

新たな客 ウイリアムとローガン

2人の男性が、DELOS社のターミナル駅に降り立った。ウエストワールドのゲスト、ウイリアム(愛称:ビリー)ローガンだ。若い2人を、美しいホストが出迎える。ローガンは慣れた足取りでホストの後に続く。

一方のウイリアムは、ウエストワールドに初めて来たようだ。

数々のコスチュームが並ぶ部屋に案内されたウイリアム。ホストの誘惑はすでに始まっており、案内役ホストもウイリアムにしなだれかかる。しかし、ローガンの妹と婚約しているウイリアムは、その誘いに乗らない。

ウエストワールドに馴染むコスチュームに着替えたウイリアム。最後に白い帽子を選び、酒場でローガンを待っている。

そこに、着替えを終えて”スッキリ”したローガンがやってくる。ウエストワールドへ移動しようとウイリアムが行った瞬間、酒場全体が大きく揺れる。

地震かと思われたその揺れは、出発の合図だった。その酒場は、ウエストワールドへ客を運ぶ汽車そのものだったのだ。

想像を超える体験の始まりを予感するウイリアム。

ピーター・アバナシーの故障原因

メサハブでは、矯正部のエンジニアであるエルシーがアバナシーの不具合の原因を分析していた。エルシーは、アバナシーの不調の原因は、写真を見たことだけではないと言う。

バグの”感染”を恐れたエルシーは、アバナシーと接触したホストを調べたいと申し出る。しかし、バーナードは、その必要はないと却下する。

一方、バーナードは、一連の不具合は誰かがホストに無断アクセスしているせいではないかと疑っていた。

バーナードは、こっそりとドロレスを呼び出す。

ドロレスに、自分の他に、誰かアクセスを試みた者がいないかと問うバーナード。誰もアクセスしていないと答えるドロレス。この会話を消去し、ドロレスを現場へ戻すバーナード。

スウィート・ウォーターの朝

いつも通りの朝を迎えたかに見えるドロレスだったが、町中のホストが倒れて死んでいる幻覚を見る。娼館の前でボーッとしていると、女主人メイヴに声をかけられる。ドロレスは、メイヴに謎の言葉をつぶやき、去って行く。

メイヴには、夢の話をしながら客を誘惑するというシナリオが組み込まれている。

いつも通り、夢の話を客にしていたメイヴだったが、突然、自分が誰かに殺されそうになっている幻覚を見る。混乱して急に黙るメイヴ。困惑して客は去ってしまった。

ウイリアムとローガンが町へ到着

2人は汽車に乗ってスウィート・ウォーターに到着。

ユニオン軍へ入れと勧誘する将校。ウイリアムを誘惑する娼婦クレメンタイン。

ウイリアムが、馬車から投げ出された老人ホストを助けようとすると、ローガンは放っておけという。ここのホストは、色々な冒険をゲストに売りつけてくるから、いちいち構ってはいられないのだ。

少年とフォード

朽ちた教会が見える荒れ果てた地で、フォードが何かを探しているろ、通りがかった少年が、フォードに声をかける。2人は連れだって散歩に出かける。

朽ちた教会の見える丘に来たところで、ホストの蛇が二人に飛びかかろうとする。蛇を停止させたフォードを見て、少年は驚きを見せる。そろそろ家に帰れというフォードの言葉にも耳を貸さずに興奮する少年。

するとフォードは、ここにはもう来てはいけないと言う。急に興奮が収まる少年。少年もホストだったのだ。

「迷路」を探す旅

郊外の処刑場で、ローレンスという強盗が自警団に処刑されそうになっている。そこへ、黒服男が近づき、ローレンスを助け出す。

キッシーにラス・ムダスに行けと言われたので、ローレンスを連れに来たという黒服男。ラス・ムダスはローレンスの出身地だ。何も知らないと怯えるローレンスの首に縄をかけ、男はローレンスを連れてラス・ムダスに向かう。

ラス・ムダスの町はどこにある?ウエストワールド全体のMAPとラス・ムダスの町の位置情報については、【ウエストワールド】シーズン1 くわしすぎる解説 Vol.1 園内MAPを大解剖をご覧ください。

数日後、ラス・ムダスに着いた二人。そこへロースクールの妻子が通りかかる。

再会の喜びもつかの間、男はローレンスに「迷路」の入り口を教えろと迫る。「迷路」なんか知らないと答えるローレンスの目の前で、男は町人を殺し始める。

ローレンスの妻を殺し、いよいよ娘に手をかけようとしたその時、娘が突然口を開いた。「迷路はお前のためにあるものではない」と。いいから教えろという男に、娘は「血の渓谷に行け」と言う。

呆然とするローレンスを連れて、男は満足げに次の目的地へ旅立っていく。

バーナードとテレサ

バーナードの寝室を訪れるテレサ。2人は秘密の恋人だったのだ。

点検中の覚醒

調子が戻らないメイヴ。メサハブの品質管理部は、メイヴを廃棄することにする。

エンジニアのエルシーは、廃棄前のメイヴにこっそりアクセスしてメイヴの性格に調整を加えた後、次回の全身点検時に体内をくまなく調査するよう命令する。

同行した別の技術者は、ホストはなぜ夢を見るよう設定されているのか訪ねる。夢は、ホストの記憶だと説明するエルシー。

通常、ホストは客に残酷な扱いをされる。だから、その記憶は、回収後に消去されるようになっていると。しかし、回収係がその消去を怠る場合もあり得る。その場合に備えて、ホストは辛い記憶を「悪夢」として認識するようプログラムされているのだと。

その夜、メイヴは悪夢を見る。それはあの幻覚の続きだった。娘と幸せに過ごしていたのに、突然野蛮人に襲われ、殺されそうになる。追ってきた野蛮人は、いつのまにかあの黒服の男に変わっている。

メイヴがその悪夢を見ているころ、メイヴには全身点検が施されていた。その最中に急に目を覚ますメイヴ。在庫管理部のシルヴェスターフェリックスが、内臓の感染を発見したところだった。

突然目を開いたメイヴに驚く点検者たち。スリープモードにするのを忘れたとフェリックスを責めるシルヴェスター。メイヴを傷つけると始末書ものとなるため、下手に手は出せない。

腹から出血したまま、点検室を出て行くメイヴ。その先で、殺されたホスト達が無造作に置かれた安置所を見てしまう。メイヴが呆然とした隙を狙って、フェリックスたちはメイヴをスリープモードにすることに成功する。

新ストーリーの披露会

メサハブの上階では、脚本家のリー・サイズモアによる新たなストーリーの社内披露会が行われていた。

しかし、フォードは、ありきたりな設定のリーの脚本を却下する。客は、ストーリーに隠された些細な事実に惹かれて何度も来園するようになるのに、フォードの脚本にはその深みが足りないと言うのだ。

とはいえ、新ストーリーが無くなれば、DELOSの役員会が黙っていない。心配するバーナードに対して、フォードは、自分が新しいストーリーを構想中だと明かす。

出会い

夜中に目を覚ましたドロレスは、誰かに誘われるように外へ出て、地面から拳銃を掘り出す。

その後、スウィート・ウォーターの町で、ドロレスとウイリアムが出会う。

ウエストワールド シーズン1 第2話の感想

少年

言いたいことは色々とありますが。まずは、あの少年。あの子がホストだと始めから気づいた方いますか???私、ちーっとも気づきませんでした。

日本語字幕では「休暇で来た」と言ってるんですよね。あたかも外部から来た客かのように訳されています。でも実際の台詞は「I'm on vacation」なんです。いわば「休暇中なんだ」です。「学校休みなんだ」くらいのニュアンスでしょうか。

これはおそらく、制作者の意図する方向へ日本の視聴者を導くために、訳者さんがわざと「来た」と訳したのだと思われます。

動く酒場

ウイリアム達が”乗った”あの酒場。あれも素晴らしいアイデアですよね。あんな誘い方されたら、テンションマックス間違いなし。

その他にも、このドラマは今後も「え???????」と驚く予測不能な展開が多く待ち受けています。そのビックリレベルは、ウォーキング・デッドやゲーム・オブ・スローンズにも引けを取りません。毎話毎話、顎はずれそうになります。

ウイリアムの好感度

正直ハンサムではないが、ウイリアム、好青年ですよね。ホストがロボットだからって無茶苦茶するローガンとは大違い。

黒服の男

こいつも謎です。とりあえず、この世界を一番楽しんでいるようには見えます。こいつが無茶苦茶していることをDELOS側でも把握しているのに、止めないんですよね。お客って本当に何してもいいんですね、ウエストワールドでは。

スポンサーリンク

ウエストワールド シーズン1 第2話のポイント

  • バーナードとテレサは恋人の仲である
  • 謎の男は「迷路」というゲームを楽しんでいる
  • フォードが教会跡がある地で新しいストーリーを展開するつもりでいる

ウエストワールド シーズン1 第2話に関連する豆知識

「現実」「リアル」という言葉に対する反応

日本語訳では字数制限の問題でうまく表現されているとは言いがたいのですが。ゲストが時々口走る「現実の世界」とか「リアル」という言葉に対するホストの反応が面白いのです。

例えば、美しいクレメンタインがウイリアムに迫ったときに、英語の台詞でウイリアムは「(ここではない)現実の世界で待っている人がいる」と言うのですが、これに対してクレメンタインは「いつか本当の愛が見つかると信じてるのね」的な返しをしています。

クレメンタインの概念に「ここではない現実の世界」は存在しないので、ウイリアムの台詞をクレメンタインなりに曲解しているのでしょうね。

ユニオン軍

この「ユニオン軍」。今後度々出てきますので、少し調べて見ました。アメリカの南北戦争の北軍のことを、国連軍と区別するためにユニオン軍と呼ぶそうです。

ということは、この西部の町は南北戦争の最中である1860年代前半ということになります。

私は歴史苦手でしたので、この辺りの設定がもつ意味はピンと来ないのですが、アメリカ人なら、そういう設定だということを知っただけで、今後出てくる「軍隊」だの何だのの敵味方関係が分かるものなのでしょうね。

ウエストワールド 関連記事

ウエストワールドの裏知識

※ vol.4はvol.2を分割した記事となる予定です。

シーズン2に関するその他の記事

ウエストワールド 各話のあらすじ&感想

ウエストワールド 配信状況

ウエストワールドは本国アメリカでシーズン1まで放送されています。シーズン2は現在アメリカで放送中です。ウエストワールドの日本国内の配信状況は、こちらのウエストワールド配信スケジュールでご確認ください。

おすすめの記事