©BRAVO

Silky
FBI連邦捜査局(Federal Bureau of Investigation)の『ビューロー』部分が読めず『ボロー』と発音するおバカなリチャードのボケで始まった第7話。日本語字幕では「捜査局」を「調査局」と間違えたように訳してありましたが、あれでは伝わりにくいですよね。ともあれ、第7話のあらすじと感想です。
スポンサーリンク

インポスターズ 愛しの結婚詐欺師 第7話 あらすじ

パトリックがFBI捜査官であることを知ったリチャードは、すぐさまジュールズに報告。彼らの頭に真っ先に浮かんだことは、少額詐欺を働いた自分たちも逮捕されるのではないかという恐れだった。

 

まずは弁護士を雇わなければと考えたジュールズは、リチャードを連れて社交クラブを訪問。ジュールズは正真正銘のお嬢様だったのだ。

 

社交クラブで有能で型破りな女性弁護士と知り合ったジュールズだったが、去り際に昔の知り合いに会ってしまう。そこでリチャードは、ジュールズの秘密を知ることになる。

 

ジュールズの秘密は、昔、ルームメートの作品を盗作したこと。ジュールズを責める知り合いを尻目に、2人は逃げるように社交クラブを後にする。

 

その頃、パトリック(サイモンズ捜査官)は、サフラン(マディ)を誘って旅行に出かける。都会を離れ森の中で静かに過ごす2人。上司にせかされたパトリックは、その夜、サフラン(マディ)にプロポーズをする。

 

パトリックが捜査官であることを全く知らないサフラン(マディ)は、結婚ではなく一緒に逃げようと提案する。パトリックは、戸惑いながらも、その提案を断る。

 

2人は、重い空気で帰路に就く。

 

父が倒れたと言われて地元に帰ったエズラは、それがすべて嘘だったことを知る。父が自分を呼び戻した目的は、会社をエズラと兄ジョッシュに譲ることだった。

 

その時、エズラの携帯電話に、シアトルに残っているリチャードからメッセージが入る。これは、盗聴を恐れたリチャードからの暗号メッセージだった。しかし、意味が分からないエズラは、そのメッセージを無視する。

 

以前自分を慰めてくれたギャビーにも再会したエズラは、もうエヴァ(マディ)のことは忘れて生きようかと迷う。

 

その夜、返事がないことにしびれを切らしたリチャードが、公衆電話からエズラに電話をする。そして、パトリックがFBI捜査官であったことをエズラに告げる。

 

翌朝、エズラは実家を後にして空港に向かう。その目にもう迷いはなかった。

インポスターズ 愛しの結婚詐欺師 第7話 感想

今回も、おバカなリチャードに癒やされた回でした。冒頭の「ボロー」もなかなかのボケでしたが、あの暗号メッセージには爆笑しました。

「P is no!」の意味は「Phone(電話)は駄目!」ですよね。

その後の絵文字3つは、カエル・ビキニ…と来たので、あぁ「Frogの」「Bikiniの」だから、最後は…あれ?エッフェル塔?「」?となり…。

その次の絵文字3つは、フライドポテト・自転車・アイススケート靴…と来たので「French friesのF」「bicycleのB」「Ice skateのI」だから、やっぱりFBIだよねぇと納得し…。

最後の絵文字3つは、フットボール・バナナだから「F」「B」で間違いないのに、最後がまたエッフェル塔。笑

エッフェル塔って「I」から始まるのか~と一瞬自分を疑いましたよ。

それにしても、パトリックがFBI捜査官だったとは、本当に驚きです。しかも、エズラのことを仲間だと勘違いしたようですので、話はどんどんこじれていくでしょう。

ジュールズ達は自分の少額詐欺を気にしていますが、FBIはそんな小さな案件を狙ったりしません。もっとも、協力させるための道具にすることは十分考えられますね。

自分たちの罪を軽くするためにはFBIへの協力しかないという状況の三馬鹿トリオ。リチャードは、この期に及んで「愛した女を監獄に送るのか」とか言ってましたね。やっぱりあなたがナンバーワンです。

「捕まればもう探さなくて済むし、会いたいときに会いに行ける」とか言ってるジュールズも、なかなかの愛の奴隷です。それにしても、ジュールズの秘密は盗作なんでしょうか。もう一段秘密が隠されているような演出ですので、気になります。

一方、パトリックがFBI捜査官と知ったエズラは、何かを決意したような目をしていましたが、果たしてどうするつもりでしょうね。愛した女を助けに行くのか、それとも嵌めにいくのか…。続きが楽しみです。

スポンサーリンク

インポスターズ 愛しの結婚詐欺師(原題:Imposters)配信情報

【インポスターズ 愛しの結婚詐欺師(原題:Imposters)】 配信情報[2018/03/01現在]

(アメリカでシーズン2の制作が決定)
※本作品の配信情報は上記の日付時点のものです。現在は配信が終了している場合がありますので、詳細は各社公式ホームページでご確認ください。

▼各話の感想はこちら

おすすめの記事