©spike

Silky
ツタンカーメン 呪われた王家の血 第2話が配信されました!第1話の最後では、瀕死の状態にあった王。その後、どうなったのでしょうか。

ツタンカーメン 呪われた王家の血
第2話 あらすじと感想

ミタンニ軍との戦闘の末、ラーガスは捕虜となる。その姿を目にしながらも、自らも傷を負い、ラーガスを助けることもできない王。ホルムヘブ将軍は、瀕死の王の姿を確認するも、助けることなくその場を去る…。

エジプト軍は、形式的には勝利を収めたものの、王そして多くの兵を失った…かに見えた。

王宮では、王の死が知らされる。王が戻らないのを良いことに、ホルムヘブ将軍は、今回の勝利は自分の手柄であるかのように報告をする。

 

しかし、王の忠臣カーは、この勝利がツタンカーメン王の功績であることを王女に伝える。

王宮では王の死は確実とされ、宮内は次の王を誰にするかという段階にうつる。遺された女王と結婚して王となるべき候補は2人。宰相アイか、女王の恋人カーだ。カーは、ホルムヘブ将軍の部下であるため、この対立は、実質的に見れば、宰相VSホルムヘブ将軍の対立なのだ。

 

女王は、言葉巧みに宰相アイの本音を引き出す。女王の策略にはまり、王座への欲を臭わせてしまう宰相アイ。その実、女王には宰相アイと結婚する気などなく、カーと結婚してカーを王にすると宰相アイに宣言する。

 

その頃、王は命からがら戦場を逃れ、川のほとりにたどり着いていた。そこをたまたま通りかかったスハド(酒屋で王が助けた女性)が、王を助ける。

 

ツタンカーメン王は、王という身分をふせたままスハドの世話になり、徐々に回復する。そして、自分は死んだことになっており、新たな王が即位に就いたことを知る。

 

ツタンカーメンが王であることに気付いたスハドは、王にテーベの都に戻るように言う。しかし、ツタンカーメン王は、忠臣ラーガスと共にでなければ、都には戻れないと言う。

 

ミタンニ人を祖母に持つスハドの助けを借りて、捕虜となったラーガスを救い出したツタンカーメン王。向かう先はどこなのか…。

Silky
ツタンカーメン王が復活しましたが、周囲は敵だらけ。姉の女王も敵なのか味方なのか、判然としません。全6話で完結するとは思えない壮大なストーリーです。

当たり前ですが、ツタンカーメン王が助かりましたね。ホルムヘブ将軍も、王が邪魔なら殺せばよいのに、どうしてトドメを刺さなかったのかと思ったら、「王を殺すと神に呪われる」的なことを言っていましたね。

王を軽視しているし、その座を奪いたいと考えている軍人ですら、王は神の使いであったという時代。「邪魔ならトドメ刺せばいいのに」では片付けられない信仰心というか…、この時代ならではの王の神格化が垣間見られました。

一方、姉の女王や親友カーの心情はどうなのでしょう。女王は弟の死を「夫の死」ではなく「弟の死」として悲しんでいるように見えました。親友のカーも、王の活躍を女王に報告するあたり、王に対して敵意を抱いているようには思えません。

Silky
余談ですが、王宮に王の死が伝わる時の字幕「速達です」には興ざめしました。いくら字数制限があるとはいえ、古代のドラマに「速達です」はないでしょうよ。せめて「ご注進です」とかにできなかったのでしょうか。

女王は、王が死んだと信じたようで、早速次の王の選定に入ります。宰相アイをうまいことだまくらかして、本音をあぶり出したシーンはお見事でしたね。

そもそも、宰相アイは神に仕える身ですから、ホルムヘブ将軍よりもっと、王家を神格化して見ている訳ですよ。「憧れ」では済まないような目で、王家を見つめているはずです。その王家のTOPである女神さまが、階段から降りてきて自分に身を任せるのか…と思わせた訳ですから、期待してしまうのも仕方がない。。

結果、大恥をかく訳ですが。それでもへこたれず、自分を「平民だ」と自覚しながらも王座を狙い続けるあたり、底知れぬ恐ろしさを感じます。

ですが、一番恐ろしいのは女王です。宰相アイの本性を暴きつつも、罰したりすることもなく側に置くのですから。そのしたたかさは、クレオパトラを彷彿とさせます。こんな時代を生き抜くだけありますね。

一方のツタンカーメン王は、助けてくれた平民スハドとイチャコラしながら、即席忠臣ラーガスを救います。スハドの祖母はミタンニ人だという設定ですが、それがこの先のミタンニ人との争いに関係してくるのでしょうか。

ツタンカーメンを王と知っても、あまり動じないスハドもアレですが、王も、スハドとイチャコラする暇があるなら、さっさとテーベに戻って王権を取りもどして欲しいですね。女王はそのままカーにくれてあげれば皆ハッピー。あ、自分を見殺しにしたホルムヘブ将軍は死刑でよし。

まぁ、そんな訳にはいかないのでしょう。第3話はどうなるのか、楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

ツタンカーメン 呪われた王家の血(原題:TUT)配信情報

【ツタンカーメン 呪われた王家の血(原題:TUT)】 配信情報[2018/02/04現在]

 

 

(全6話で完結済み)
※本作品の配信情報は上記の日付時点のものです。現在は配信が終了している場合がありますので、詳細は各社公式ホームページでご確認ください。

ツタンカーメン 呪われた王家の血 その他のあらすじと感想はこちら▼

おすすめの記事