©SHOWTIOME

Silky
第5話では、キャリーが遂に作戦を開始。チームを組んで、シモーヌとウエリントンを繋ぐ手がかりを探します。一方、ソールは、例のフェイクニュースがロシアの陰謀ではないかと疑い始めます。
スポンサーリンク

ホームランド シーズン7 第5話のあらすじ

まずは、第5話の予告動画をご覧ください。

オキーフをかくまったためにエルキン家で起きた惨劇の被害者は、19人に上った。その内の3人は子供で、5人はFBI捜査官。14人の民間人を悼む追悼式がリッチモンドで行われることとなった。

 

ソールは、押収したオキーフのパソコンを調査する。すると、様々な事実をねつ造し、ツイートなどで拡散した形跡が見つかる。それは、オキーフの仕業ではないようだ。

 

大統領が追悼式で起こりうる武力衝突の対策を練る中、ソールは、JJが死んだというフェイクニュースがロシアの仕業ではないかと疑い始める。

 

大統領には、今や2つに分裂してしまった民衆の心を1つにまとめるための案があった。それは、追悼式に死んだFBI捜査官の家族を列席させること。殺した側と殺された側の家族が共に許し合う姿を見せれば、民衆の心が落ち着くかもしれないと考えたのだ。

 

そこで大統領は、人質となって殺されたFBI捜査官の妻に会い、追悼式に出席するよう説得する。

 

その頃、ソールは、ロシアの元スパイで現在はアメリカに亡命して保護されているイバンに会うために、ワイオミング州のホバックに来ていた。JJのフェイクニュースは、ロシアの陰謀ではないか確認死に来たのだ。

 

イバンは、ロシアの関与を否定したが、ソールはイバンとその妻キーラの監視を部下に命じる。

 

キャリーは、シモーヌがウエリントンの指示で動いている証拠を得るため、作戦チームを編成する。シモーヌを締め上げて、ウエリントンに助けを求めさせ、その繋がりを抑えるのが目標だ。

 

シモーヌが勤務先で1人になった時間を狙い、作戦が決行される。屈強な男にシモーヌを襲わせ、マクレンドン殺害に50,000ドルを支払ったことを白状させ、次いで100,000ドルを要求したのだ。

 

その頃、追悼式の会場に、FBI捜査官の家族がやって来る。民間人を殺したFBI側の家族の登場に、会場は一時ブーイングに包まれる。

 

その時、エルキン家の母親が、FBI側の家族に歩み寄る。両者が悲しみを乗り越えて和解しようとする姿に、見る者すべてが心を打たれる。

 

その様子は全国に放送され、集まっていたデモ隊も落ち着きを取りもどす。

 

男達が去った後、シモーヌは、すぐさまウエリントンに電話をして、会う約束をする。キャリーの読み通りだ。

 

しかし、キャリーが仕込んだ盗聴器はいずれも不発に終わり、肝心の会話が聞けずにいた。もっとも、ウエリントン宅には、マックスが仕掛けたカメラがあるから、会話は聞けるのだ。

 

何も知らないダンテを帰した後、キャリーとマックスは合流して、隠しカメラの映像を確認する。しかし、そこに写っていたのは、他愛もない会話をするシモーヌとウエリントン。シモーヌが今夜の襲撃をウエリントンに報告する様子はない。

 

マクレンドン殺害の黒幕は、ウエリントンではなかったのだ。

ホームランド シーズン7 第5話の感想

JJのフェイクニュース、あれは絶対にどこかの諜報員の仕業ですよね。あの動き、民間の記者の動きでは無かったですもん。

あの記者の動きを見ている時、誰かが殺されるのかと思いました。記者だったと分かり、拍子抜けしたくらい。

アメリカの記者はここまでするのかと一瞬騙されかけましたが、ソールのおかげで目が覚めました。

ですが、どこの国でしょうね。ロシアではない気がします。もしかして北朝鮮?

キャリーとダンテは、段々と良い雰囲気になって来ました。何ならちょっとイチャつき始めていますよね?

キャリーの服薬を管理する姿を見て、マックスがちょっかいを出していましたから、傍目から見ても雰囲気がいいのでしょう。

そして、ウエリントン!黒幕ではなかったようです。なら、彼はただの愛国者?ウエリントンが大統領にする助言は、基本的にまともです。

それにしても、こういうどんでん返しがあると、すべての人が怪しく見えてきます。

盗聴器が2つとも駄目になったのは、果たして偶然でしょうか?それとも、チームの誰かが二重スパイなのでしょうか。

ホームランドがホームランドらしくなってきました。が、そろそろキャリーとソールのタッグが見たいです。

スポンサーリンク

ホームランドの配信情報と関連記事

ホームランド 配信状況

ホームランドはアメリカでシーズン7が放送中です。ホームランドの日本国内の配信状況は、こちらのホームランド配信スケジュールでご確認ください。

 

おすすめの記事