©SHOWTIOME

Silky
第3話では、ウエリントン宅に出入りする謎の女性の正体が明らかになります。第2話でキャリーが体を張ったのは一体何だったのかと思うくらい、あっさりと!笑
スポンサーリンク

ホームランド シーズン7 第3話のあらすじ

まずは、第3話の予告編をご覧ください。

ハッカーを半殺しにしたキャリーは、自分が躁状態にあり衝動を抑えられなくなっていることに気付き、再度、精神科を受診する。フラニーのためにも双極性障害の症状を抑えたいキャリーは、医者の提案通り、別の薬を試すことにする。

 

また一から自分に合う薬を探すことになったキャリーは、フラニーを育てていける自信を失いかけている。そして、どんな結果になっても、精神病棟の中にいる自分をフラニーに見せないで欲しいと姉に嘆願する。

 

躁状態を押さえ込む薬を飲んで寝ているキャリーの元に、FBI捜査官のダンテが急に訪ねてくる。怒って電話を切ったダンテだったが、その後、ウエリントン宅に出入りする謎の女性の身元を調べていてくれたのだ。

 

女性の名前はシモーヌ・マーティン。フランス生まれで現在はNGOで勤務中。ウエリントンとは4年前からくっついたり別れたりを繰り返している。

 

そしてこの女性、マクレンドンが殺害された日、連邦刑務所の近くに車を駐車していたことが分かったのだ。

 

ウエリントンがマクレンドンを殺したというのは自分の妄想かもしれないと思い始めていたキャリーだったが、この決定的な事実を知って、再度、奮起する。そして、ダンテと2人でシモーヌ宅の監視を開始する。

 

すると、シモーヌがどこかに出かけていく。そこで、ダンテはシモーヌを追い、キャリーはシモーヌの家に忍び込んで、その中を調べることに。

 

家の中には、ウエリントンとシモーヌが共に写っている写真や、マクレンドン殺害日に切られた駐車違反の切符があった。

 

キャリーはそれらを写真に収め、デスクトップPCのハードをUSBにコピーして、シモーヌの家を出る。

 

すると、シモーヌの家から出た途端に、警察官から職務質問を受ける。キャリーがシモーヌの家に侵入するところを目撃した近所の住人が、警察通報したのだ。

 

キャリーは、友達の家の猫に餌をあげていたと嘘をついて誤魔化そうとするが、結局、警察署に連行されてしまう。

取調室で名前を聞かれても、キャリーは答えられない。逮捕された記録が残ると、フラニーを取り上げられてしまうおそれがあるため、何としても記録が残ることを避けたいのだ。

 

いつまでも名前を名乗らないキャリーに業を煮やした警察官達は、無理矢理キャリーの手を押さえてその指紋を取る。

 

キャリーが、もうフラニーと一緒にはいられないと絶望していると、ダンテがキャリーを引き取りに来る。ダンテの口利きで、今回のキャリーの逮捕は記録に残らないことになる。

 

その頃、ソールはFBIと共にオキーフの居場所に到着。すると、オキーフをかくまう家族が銃を手にして出てくる。

 

しばし緊張状態となった現場だったが、ソールが話し合いをしようとオキーフに語りかけ、撃ち合いとなる事態は回避される。

 

ソールはホワイトハウスにいるキーン大統領と連絡をとり、現状を報告。そして、身柄確保の条件についてオキーフと交渉させるよう大統領に頼む。

 

ウエリントンは、そもそもオキーフを免責すべきだとキーン大統領に進言するが、大統領は聞きいれない。ソールは、オキーフの免責以外の条件で、オキーフと交渉することになる。

 

そんなソールの様子を家の中から見つめていたオキーフは、かくまってくれた家族に巻き込んですまないと謝罪をする。すると、家族の父親は、「まだ勝負は付いていない」と意味深な言葉を残して家の奥に入っていった。

 

ソールは、FBIやオキーフをかくまう市民が見ている前で、オキーフと話し合いを始める。オキーフは、今後もこの家の家族にかくまわれながら放送を続けるとソールに告げる。

 

しかし、居場所がバレた以上、放送の継続は難しい。FBIが妨害電波で放送を妨害することが可能となるからだ。

 

例え市民という盾を利用したところで放送の継続が難しいことを悟ったオキーフは、かくまってくれた家族やアシスタントのシャロンの免責と、裁判のテレビ放送を条件に降伏すると告げる。

 

ソールがその条件を飲めるか大統領に確認している最中、怪しい動きが。オキーフをかくまう家族が、味方を呼び寄せたのだ。

 

到着したのは、銃を持った30人以上の市民。またもや現場は緊張状態となる。

 

報告を受けたキーン大統領は、どんな対策をとればよいのか分からずパニックになる。

 

そこでウエリントンは、イランの武器輸出を阻止するために武力攻撃を加えることを軍部に許可する。大きな事件でトップニュースを独占させて、オキーフの立てこもり事件から世間の目をそらす計画だ。

 

しかし、この武力攻撃は、一度大統領が明確に却下した案だった…。

ホームランド シーズン7 第3話の感想

FBI捜査官のダンテ、良い仕事しますね。当初こそキャリーに対して冷たかった彼ですが、キャリーが元カノと同じ双極性障害を患っていると知ってから、何だか優しくなった気がします。

きっと、症状の辛さを知ってるからなんでしょうね。今後も、キャリーの良き理解者としてキャリーを支える存在になって欲しいです。

今回は、政府が世論をどのように操作しているのかが色々と垣間見えた回でした。

ソールが、裁判をテレビ中継するというオキーフの条件を拒む大統領に対して、「公判の準備手続きに時間(2年)をかけさせれば、民衆はその間に事件を忘れるから問題ない」という、いかにもリアルな理由で大統領を説得していました。

確かに、2年もグダグダやられたら、市民の熱は冷めるでしょう。実際、2年前に日本でどんなことが政治的に問題になっていたのか言えと言われても言えません。トランプ大統領の当選より前のことですからね。

ウエリントンの中東問題に目を向けさせる作戦も、世論操作の1つです。

日本の国会は今、森友の文書改ざん問題で揺れていますが、仮に今日本の自衛隊がどこかを攻撃することになったら、改ざん問題なんか吹っ飛ぶでしょうね。

日本の世論も、時の政府にこうやって操作されているのでしょうね…。

さて、オキーフは、今や抜き差しならないところまで来てしまいました。この先どうなってしまうのか…。

スポンサーリンク

ホームランドの配信情報と関連記事

ホームランド 配信状況

ホームランドは本国アメリカでシーズン7が放送中です。ホームランドの日本国内の配信状況は、こちらのホームランド配信スケジュールでご確認ください。

 

おすすめの記事