©SHOWTIOME

Silky
この2月にアメリカでの放送が始まったホームランド シーズン7ですが、日本での配信開始日が3月29日に決定しました。ケーブルテレビ等での初放送(3月27日)から2日後に、FOXチャンネルをリアルタイム配信するdTV(おそらく、HuluU-NEXTも)で視聴可能です!

楽しみで待ちきれない私は、出張先で第3話まで視聴してしまいました。そこで、この記事では第1話のあらすじと感想を紹介します。

スポンサーリンク

ホームランド シーズン7 第1話のあらすじ

まずは第1話の予告編をご覧ください。

 

大統領暗殺未遂事件の発生後、200名の関係者が逮捕された。その中には、キャリーの元上司ソウルも含まれている。

 

騒動から2カ月。殺害計画の黒幕が誰なのか判明しない中で、日々、新たな逮捕者が出ている。そして、遂には民間のリポーターまで逮捕される状況となっていた。

 

アメリカは、報道や表現の自由を最重視する自由国家。そのため、「国家の安全」を盾に次々と逮捕者を増やすキーン大統領政権は、非難され、各地でデモや反対運動が起きていた。

 

あの後、職を失ったキャリーは、娘フラニーと共に姉夫婦の家に居候している。共に暮らす姉の夫ビルは、財務省に勤務する政府関係者であるため、家の中で現政権を非難する会話が出ると、気まずい空気となる。

 

16歳の姪ジョージーは、思春期の真っ最中。政治に興味をもち、キャリーと共にキーン大統領を非難しているため、この頃は、父との衝突が多くなっている。

 

一方、軍裁判所では、マクレンドン司令官が殺人や扇動の罪で裁判にかけられている。証言台に立ったキーン大統領は、マクレンドンを反逆者と呼び、死刑を求める。

 

大統領選中にキーンを非難していたブレット・オキーフも、暗殺計画の捜査対象となっており、連邦捜査局から逮捕状が出ている。ブレット・オキーフは、逃走を続けながらも、インターネットでの配信を通じて、キーン大統領批判を続けていた。

 

ある日、キャリーは、シンクタンクの面接に行くと嘘をつき、こっそりと使い捨て携帯を持ってどこかに出かけていく。

キャリーが会いに行った相手は、上院議員のペイリーだった。ペイリーは、キーン大統領の一連の職権濫用行為を非難している政治家で、キャリーが頼れる唯一の権力者だ。

 

もっそも、ペイリーの方はキャリーを信用していない。キャリーが、これまで何度も確実な証拠を差し出すと約束しながら、その約束を破ってきたからだ。

 

今回も信用ならないと言うペイリーに対して、キャリーは、現在暗殺事件の調査をしているFBI現職員が証言をすると約束する。ペイリーは、現職員の身元について秘密を守ると約束し、夜に直接証言を聞くと返事する。

 

一方、マクレンドンに下された刑は、キーン大統領が望んだ死刑ではなく、終身刑となった。キーン大統領は、こんな緩い刑では見せしめにならず、また暗殺のターゲットになってしまうと恐れる。

 

キーン大統領の側近であるウエリントンは、これ以上の追求をやめろと助言するが、キーン大統領は聞く耳をもたない。それどころか、この不本意な結果をどうにかしろとウエリントンに命令する。

 

大統領批判の放送を続けるブレット・オキーフは、ある田舎町の寝具店の協力のもと、今日も盛大にキーン大統領を批判していた。しかし、夜になり、寝具店が警察の車両に囲まれる。

 

いよいよ逮捕されるのかと思ったその時、警察官が思いも寄らない言葉をかける。連邦捜査官がここに向かっているから、早く逃げろというのだ。多くの市民が自分の味方であることを実感したブレット・オキーフは、警察の協力のもと、まんまと逃げおおせる。

 

ペイリーとの約束を取りつけたキャリーは、尾行に注意しながら、情報提供者と待ち合わせたホテルに向かう。

 

そこに現れたのは、FBI捜査官のダンテ・アレンだった。キャリーが事前に忠告したにもかかわらず、ダンテには尾行がついていた。キャリーは、その尾行をまくために、姪のジョージーに協力を仰ぐ。

 

ジョージーの協力のおかげで無事に面会場所へ到着したキャリーとダンテ。上院議員到着の時間が迫る中、キャリーはダンテに証言するよう頼み込む。

 

自らの職を失うことをおそれ、協力を拒むダンテだったが、キャリーに正義感をあおられ、段々を心が揺らぎ始める。

 

しかし、あと一押しというタイミングで、上院議員ペイリーが到着。ダンテ本人の承諾を得る前にダンテの話を漏らしていたことを知り、ダンテは怒って出て行ってしまう。上院議員は上院議員で、キャリーがまたも有益な証拠を出せなかったことに怒り、二度と連絡するなとキャリーに言い放つ。

 

一方、キーン大統領の補佐官ウエリントンは、ソウルの面会に行く。ウエリントンは、現状打破のためには、キーン大統領の近くに信用のおける人を配置すべきだとソウルに訴える。

そして、ソウルにNSA(国家安全保障局)顧問の地位を提案し、キーン政権を支えて欲しいと頼む。

 

しかし、ソウルは「逮捕した200名の釈放」が、オファーを受ける条件だと突っぱねる。それはできないと答えるウエリントンに対して、オファーを断るソウル。

 

ウエリントンが帰宅すると、自宅に政府関係者達が入っていた。キーン大統領の指示で、高官宅に盗聴器がないか調査しているという。怒って関係者達を追い払うウエリントン。追い出される関係者達の中には、マックスがいた。

 

その頃、キャリーは失意の中で帰宅。すると、キャリーがジョージーを呼び出したことがばれていた。そして、娘と姪を危険にさらしたことで、姉夫婦に厳しく非難される。

 

何ひとつ事がうまく運ばず落ち込むキャリーの携帯に、マックスから連絡が入る。マクレンドン宅の5つの部屋に隠しカメラを仕掛けたという連絡だった。

 

パソコンを開き、ウエリントンの家を監視するキャリー。そこには、マクレンドンが終身刑になったというニュースを見つめるウエリントンの姿が映っていた。

 

連邦刑務所に連行されたマクレンドン元司令官は、手続きに従い身体検査を受けていた。口の中までしっかりと身体検査を受けた後、囚人服に着替えよう言われたマクレンドンだったが…。

ホームランド シーズン7 第1話の感想

冒頭でキャリーがランニングしているシーン。目つきが4白眼になっていて、正気でないように見えます。薬を飲むと頭が働かないキャリーですので、もしかしたら、また薬を抜いているのかもしれません。

それにしても、細かいシワの一本一本までしっかりと見えるどアップで、あの狂気の目つき。綺麗に映ろうとかいう心は一切ないのでしょうね。素晴らしい演技です。

キーン大統領は、完全にパラノイア状態です。暗殺事件の調査に関するリークをした記者を逮捕したようですが、記者の逮捕は、報道の自由を大事に考えているアメリカではかなり大きな事件のはずです。

キャリーの姪ジョージーも、「Free thinker(自由な思想家)を逮捕する政府」とキーン大統領政権を非難したり、逮捕者の後任として昇進した自分の父を。キーン大統領の「共犯者」と揶揄したりしています。

第1話では、皮肉が効いた場面がいくつかあり、面白いなと思ったので、ここで取り上げてみます。

まず、キーン大統領のマクレンドン裁判の時の発言。

キーン大統領は、マクレンドンの裁判の時に「あなたは民主主義を攻撃した」と言っています。ですが、今現在、アメリカの民主主義をないがしろにしているのは、他でもないキーン大統領なんですよね。

どれだけ回りが見えていないのかを象徴する、皮肉なセリフだと思います。

だって、キーンは、逆らう者をすべて逮捕するという強硬な態度にでることが、新たな反逆者への警告になると信じているのです。完全なるファシストですよ。

もう一つ、え?と思ったシーンがあります。それは、ブレット・オキーフが放送をする場面です。

アシスタントのシャロンが、パソコンを立ち上げて安全な接続を確保するのですが、その時にちらっとアラビア語っぽい文字と、中国語(簡体字)が映りました。

おそらく、色々な国のサーバーを経由して、足がつかないようにしているのだと思いますが、アメリカで「民主主義」を訴える番組を放送するために、そういう思想を弾圧している中東や中国のサーバーを経由しなければいけないなんて、本当に皮肉です。

さて、第1話からいきなり衝撃が走ったホームランド シーズン7。この先どうなっていくのでしょう。

日本での放送は、2018/03/29日に決定しています。

スポンサーリンク

シーズン7の放送が待ちきれない方へ

リアル・ホームランドというべき映画『スノーデン』をご覧になってはいかがでしょうか。

『スノーデン』は、実在の元CIA職員であるエドワード・スノーデンの話です。

スノーデンは、アメリカの諜報活動の対象が、全世界の一般市民にまで及んでいることについて暴露し、アメリカのCIAに追われる身となりました。(ちなみにこのスノーデンさん、日本でも活動していました。)

当時はニュースになったのですが、その後あまり大きな展開を見せること無く、今ではアメリカ政府の思惑通り(?)「無かったこと」になりつつあります。

エドワード・ジョセフ・スノーデン(英語: Edward Joseph Snowden、1983年6月21日 - )は、アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員である。NSAで請負仕事をしていたアメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」のシステム分析官として、アメリカ合衆国連邦政府による情報収集活動に関わった。

2013年6月に、香港で複数の新聞社(ガーディアン、ワシントン・ポストおよびサウスチャイナ・モーニング・ポスト)の取材やインタビューを受け、これらのメディアを通じてNSAによる個人情報収集の手口を告発したことで知られる。

2013年6月22日、米司法当局により逮捕命令が出され、エクアドルなど第三国への亡命を検討しているとされていたが、同年8月1日にロシア移民局から期限付きの滞在許可証が発給されロシアに滞在中である[9]。2014年1月、ノルウェーのボード・ソールエル(英語版)元環境大臣からノーベル平和賞候補に推薦された。(引用:Wikipedia)

公式の予告編

『スノーデン』は、こちら(Amazonビデオ)でいますぐ視聴できます。

[center][/center]

ホームランドの配信情報と関連記事

 

ホームランド 配信状況ホームランドは本国アメリカでシーズン7が放送中です。ホームランドの日本国内の配信状況は、こちらのホームランド配信スケジュールでご確認ください。

おすすめの記事